マンガ

マンガ

渋谷直角『世界の夜は僕のもの』書評 美術系専門学校生が体験する90年代サブカルチャー

渋谷直角のマンガ『世界の夜は僕のもの』(扶桑社)の書評。美術系専門学校に通う若者の視点から90年代サブカルチャーの変遷を描く。そこには、例の辞任騒動で注目された「悪趣味」文化も含まれる。当時の状況を思い出し、考えるきかっけを与えてくれる。
タイトルとURLをコピーしました