2021-06

俳句

西東三鬼 おそるべき君等の乳房夏来る 俳句解説

更衣(ころもがえ)の時期になると思い出す西東三鬼の句「おそるべき君等の乳房夏来(きた)る」を解説。三鬼は、夏服の女性に畏敬の念のようなものを感じていたのかもしれない。

白石一文「我が産声を聞きに」書評 新型コロナと中年夫婦の危機

「小説現代」(講談社)2021年4月号に掲載された白石一文「我が産声を聞きに」の書評。子育てが一段落した中年夫婦。肺がんが見つかった夫は、恋人を作って家を出てしまう。残された妻は、人生の転機をどう受け止めて、乗り越えようとするのか。
短歌

寺山修司 海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり 短歌解説

寺山修司の短歌「海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり」の文法や表現技法などを解説。動詞や助動詞の活用、句切れ、倒置法の効果のほか、麦わら帽子を題材にした俳句や歌謡曲にも触れている。

南杏子『いのちの停車場』書評 感想 レビュー 親が「死にたい」と言うとき 

吉永小百合主演の映画『いのちの停車場』の原作小説の書評。高齢者医療専門病院の内科医、南杏子による小説は、終末期医療と看取り、そして安楽死という医療現場が直面する重いテーマに光を当てる。在宅の終末期医療専門医の目を通して死を目前にした患者、その家族との交流や看取りの場面を描いている。
タイトルとURLをコピーしました