NEW:【あらすじ・解説】「羅生門」芥川龍之介 未知の世界に飛び込む勇気

2022-04

国語

太宰治 あまりの侘びしさにペンが動かなくなりうつむいて涙をこぼし 偶然短歌1

太宰治の小説『人間失格』から抜き出した偶然短歌。物書きとして悲哀を詠んだ歌のようだが、涙の理由は故郷にある。短歌を含む小説の一節とそこに込められた心情を解説する。
短歌

【解説】列車にて遠く見ている向日葵は少年のふる帽子のごとし 寺山修司 意味・表現技法・文法

寺山修司の短歌「列車にて遠く見ている向日葵は少年のふる帽子のごとし」の意味、文法、表現技法、句切れ、主語の省略などについて解説。鑑賞では、ふるさとをテーマにした石川啄木の短歌と比較する。
小説

【解説】井上荒野『生皮』セクハラを生む教祖の論理

井上荒野『生皮』の解説。小説と俳句。それぞれの指導者が起こすセクハラ(性加害)とそれが周囲の人間にもたらす波紋を描いている。自分の行為を正当化する指導者や被害女性を中傷する女性の姿を通して、セクハラ被害が心身ともに追い詰められるプロセスが浮かび上がる。
太宰治

【あらすじ・相関図】徹底解説「走れメロス」(太宰治)勇者を突き動かしたものとは?

太宰治「走れメロス」のまとめ解説。詳しいあらすじを時系列の図に整理したほか、主人公のメロス、竹馬の友・セリヌンティウス、ディオニス王といった主要人物を相関図で示した。さらに読解のポイントや、太宰が参考にしたシラー(シルレル)の詩との違い、時代背景についても解説する。
タイトルとURLをコピーしました