映画

映画や動画についてのレビュー

太宰治

【解説】映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』小説家を取り巻く女たちの戦い

戦後の混乱の中、太宰治と妻、2人の愛人との関係を描く。小説家は芸術のために女の利用し、女たちは小説家から何かを手に入れようとした。愛人の妊娠に加え、税金の滞納や肺の病が重なり、太宰は死の方へ追い込まれていく。
小説

【書評】東野圭吾『沈黙のパレード』感想・あらすじ 司法が無力なとき被害者家族は復讐に立ち上がる

東野圭吾『沈黙のパレード』の書評。十分な状況証拠は揃っても、決定的な証拠がない限り、容疑者が自白を拒んだら有罪にできない。納得できない遺族と関係者は、自らの手による復讐を計画する。小説のモデルとなった「城丸君事件」についても解説する。

【解説】南杏子『いのちの停車場』 感想 レビュー 親が「死にたい」と言うとき 

南杏子の小説『いのちの停車場』の解説。吉永小百合主演の映画の原作としても知られ、終末期医療と看取り、そして安楽死という医療現場が直面する重いテーマに光を当てる。終末期医療専門医の目を通して、死を目前にした患者、その家族を描いている。
タイトルとURLをコピーしました