映画

映画や動画についてのレビュー

【書評】南杏子『いのちの停車場』 感想 レビュー 親が「死にたい」と言うとき 

吉永小百合主演の映画『いのちの停車場』の原作小説の書評。高齢者医療専門病院の内科医、南杏子による小説は、終末期医療と看取り、そして安楽死という医療現場が直面する重いテーマに光を当てる。在宅の終末期医療専門医の目を通して死を目前にした患者、その家族との交流や看取りの場面を描いている。
タイトルとURLをコピーしました