NEW:【あらすじ・解説】「羅生門」芥川龍之介 未知の世界に飛び込む勇気

2022-09

短歌

【解説】くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる 正岡子規 意味・表現技法・句切れ

正岡子規の短歌「くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる」の解説。庭の片隅で成長する薔薇を見つめる眼差しがやさしい。比喩としての「薔薇の芽」「針」について考える。 春雨の降る中、成長する薔薇の芽の様子を細かに描いている...
タイトルとURLをコピーしました