NEW:【あらすじ・解説】「羅生門」芥川龍之介 未知の世界に飛び込む勇気

2022-08

小説

【あらすじ・解説】「羅生門」芥川龍之介 未知の世界に飛び込む勇気

芥川龍之介の短編小説「羅生門」について詳しいあらすじを紹介するほか、検非違使の役割など時代背景についても解説する。仕事と家を失った若い下人は、盗人になろうとするが、決心がつかない。ところが、羅生門での老婆との会話をきっかけに、悪の世界へ踏み込む勇気を得る。下人の心情の変化をたどることで、彼が盗人になることをなぜためらったのか、何から勇気を得たのかを考える。
短歌

【解説】ぽぽぽぽと秋の雲浮き子供らはどこか遠くへ遊びに行けり 河野裕子 意味・表現技法・句切れ 

河野裕子の短歌「ぽぽぽぽと秋の雲浮き子供らはどこか遠くへ遊びに行けり」の解説。子の成長を見守る親の喜びと一抹の寂しさを「秋の雲」に託して効果的に詠んでいる。
タイトルとURLをコピーしました