格安タブレットVANKYO MatrixPad S8レビュー 電子書籍も動画も快適

Vankyo S8なら片手で快適に読書が可能デジタル
Vankyo S8なら片手で快適に読書が可能

在宅勤務が日常になり、タブレットPCに触れる機会が増えたため、今年1月に画面サイズ8インチで価格が1万円を切るタブレットPC「VANKYO MatrixPad S8」を購入しました。早速、2カ月使った印象をレビューします。

これまでは、Kindle Fire(8インチ、第7世代)を使っていて、電子書籍を読んだり、動画を視聴したりするのに十分な役割を果たしていました。しかし、Kindle FireにはGoogle ドキュメントやスプレッドシートを使用できないという問題があります。これまでは、特に気にしていなかったのですが、最近になってどうにも我慢できなくなってきました。仕事でGoogle ドキュメントやスプレッドシートを様々な情報整理に使用する機会が増え、便利だと実感していたからです。

何か文章を書く場合、Google ドキュメントでメモを作成した後、体裁を仕上げています。スプレッドシートは、ウェブ上のニュースなどをスクレイピングする用途で主に使っています。ウェブを検索して、役立つ情報を見つけたらKeepに保存しています。つまり情報のインプットとアウトプットの重要なツールとなっているわけです。

Googleアプリを使いたい

例えばベッドの上で動画を見ている最中や、トイレの中で用を足しているときなどに、良いアイデアが降ってくることがあります。こうしたアイデアを逃さないためには、思い立ったらすぐにGoogleアプリを立ち上げて入力できる環境をつくることが重要です。そのためには、パソコンとスマホに加えて、タブレットからもGoogleアプリを使えるようにする必要があります。

ところがKindle Fireではこれらのアプリが使えません。そこで、Androidタブレットを購入することにしました。ちなみにKindle FireにGoogle Playを入れて、Androidアプリを使えるようにする方法もあるようですが、試していません。なんとなく不安ですからね。

左からKindle Fire(8インチ)、VANKYO S8、Kindle Fire(7インチ)
写真を見るとVANKYO S8の横幅がKidleFire(8インチ)より大きいように見えるが、
実際は縦・横・厚さともにVANKYO S8の方がひと回り小さい

1万円以下のAndroidタブレットで画面は8インチ以上

新たに購入するタブレットに求める条件は、電子書籍を快適に読めて、動画視聴にも適していること、加えてGoogleアプリを使えることです。

私は古本屋で購入した書籍をせっせと自炊し、約1万冊を電子化してきました。タブレットは、これらの書籍をストレスなく読める画面の大きさが必要です。Kindle Fireを使っていた経験から8インチはほしい。現在のKindle Fire HD 8 (8インチ、 32GB、第10世代)は、Kindle Unlimitedが3か月分付いて、価格9980円(税込み)です。それも考慮して、予算1万円以下で画面サイズ8インチ以上のAndroidタブレットを探すことにしました。

安くてそこそこのスペックを満たしている機種として選んだのが、「VANKYO MatrixPad S8(以下、VANKYO S8) 」(購入時の価格9999円)。楽天で購入しました。確かアマゾンでの価格は、割引クーポン込みでもう少し安かったと記憶していますが、楽天でも777円割引クーポンがあり、購入による楽天ポイントが付きます。さらに、期限付きの楽天ポイントが溜まっていたこともあり、総合的に楽天での購入がお得と判断しました。

片手でも持ちやすい
VANKYO S8は、Kindle Fireよりも幅と厚さが小さい分、片手で持ちやすい。
ちなみに私の手は普通の人よりも大きめ

VANKYO S8のスペック

以下がVANKYO S8のスペックです。正直言ってCPUやカメラの性能は、抑えめです。だからこそこの価格を実現できていると考えるべきでしょう。

  • 液晶8インチ(IPS/1280×800HD)
  • Android9.0
  • ROM32GB
  • RAM2GB
  • CPU Quad-Core Cortex A7 1.3GHz
  • GPU Mali T820
  • フロントカメラ 200万画素
  • リアカメラ 500万画素
  • バッテリー 4000mAh(最大10時間使用可能)
  • Wi-Fiモデル 2.4GHz対応
  • Micro USBボート/ microSDスロット
  • 重量 316g(※microSDXC込みの実測値)

※読書端末としての性能、日本語入力の使用感については、次ページを御覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました