文學界

小説

桜庭一樹・鴻巣友季子論争まとめ あらすじと解釈は分けられるか

桜庭一樹と鴻巣友季子 の間で小説「少女を埋める」の批評を巡って論争が起きている。小説のあらすじと解釈の在り方、小説のモデルの扱いが論点になっている。論争の経緯と論点について解説した。
小説

羽田圭介「Phantom」書評  カルト集団の幻影は消えない

羽田圭介の小説「Phantom(ファントム)」(文學界2021年5月号掲載)の書評。低所得にもかかわらず、株式投資に情熱を注ぐ女性会社員。倹約して将来に備えるか、今の幸せのために消費するか。人生を豊かにする金の使い方を問いかける。
タイトルとURLをコピーしました