NEW:【あらすじ・相関図】「故郷」魯迅 「悲しむべき厚い壁」を壊すために

少女を埋める

小説

【作品評】桜庭一樹「少女を埋める」 母と共同体への復讐譚

桜庭一樹の小説「少女を埋める」で語られているのは母と共同体への復讐である。ところが鴻巣友季子が文芸批評で「介護」や「虐待」という文脈から言及したことで、復讐という主題が着目されずにいるのではないか。
タイトルとURLをコピーしました