NEW:【あらすじ・解説】「羅生門」芥川龍之介 未知の世界に飛び込む勇気

読書感想文

小説

【あらすじ・解説】「羅生門」芥川龍之介 未知の世界に飛び込む勇気

芥川龍之介の短編小説「羅生門」について詳しいあらすじを紹介するほか、検非違使の役割など時代背景についても解説する。仕事と家を失った若い下人は、盗人になろうとするが、決心がつかない。ところが、羅生門での老婆との会話をきっかけに、悪の世界へ踏み込む勇気を得る。下人の心情の変化をたどることで、彼が盗人になることをなぜためらったのか、何から勇気を得たのかを考える。
国語

【まとめ】読書感想文におすすめの6冊 君たちは今が世界、翼の翼、くるまの娘ほか(2022年)

読書感想文を悩まずに書くコツは、小説の登場人物と自分を比較することです。自分と登場人物の似ているところ、逆に違うところに着目し、自分の考えや印象を言葉にします。読書感想文に適した4冊と参考資料1冊を紹介します。
太宰治

【あらすじ・相関図】徹底解説「走れメロス」(太宰治)勇者を突き動かしたものとは?

太宰治「走れメロス」のまとめ解説。詳しいあらすじを時系列の図に整理したほか、主人公のメロス、竹馬の友・セリヌンティウス、ディオニス王といった主要人物を相関図で示した。さらに読解のポイントや、太宰が参考にしたシラー(シルレル)の詩との違い、時代背景についても解説する。
太宰治

【あらすじ・相関図】5分解説『人間失格』なぜしくじった?太宰治の代表作

太宰治『人間失格』のまとめ解説。詳しいあらすじのほか、主人公の大庭葉蔵、友人の堀木、監視役のヒラメ、ツネ子やシヅ子といった主要人物の相関図で人間関係を示した。読解のポイントや知っておきたい時代背景も説明。読書感想文のヒントも紹介する。
太宰治

【解説】九段理江『Schoolgirl』 正義、あるいは美しく生きること

九段理江の小説「Schoolgirl」の解説。親から叩かれ罵倒された記憶を抱えて生きてきた母。社会的、倫理的に「正しい」ことをYoutubeで発信する娘。母は娘を愛しているが、娘は母を軽蔑している。すれ違う二人を太宰治の「女生徒」がつなぐ。
小説

【書評】砂川文次『ブラックボックス』 暴力に取り憑かれた男の人生

第166回芥川賞を受賞した、砂川文次『ブラックボックス』の書評。自転車便のメッセンジャーとして働くサクマは、仕事を転々としてきた。原因は暴発する暴力衝動にある。小さなきっかけで理性を失い暴力を振るってしまう男の悲哀に満ちた人生が描かれる。
小説

【解説】朝比奈あすか『君たちは今が世界』感想・あらすじ 小学生の悪意と狡さ、そして希望

開成中学や海城中学など有名校の入学試験に出題されたことで話題となった朝比奈あすか『君たちは今が世界(すべて)』(KADOKAWA)の解説。小学校の教室で何が起こり、子どもたちは何を感じているのか。そんな親が知りたくても知り得ないことを、この作品は子どもたちの視点からリアルに描き出す。
中学受験

【書評】朝比奈あすか『翼の翼』 中学受験に潜むワナ

中学受験生の必読作家として知られる朝比奈あすかの新作『翼の翼』は、中学受験に挑む親子の物語。軽い気持ちで通い始めた塾が次第に大きな存在となり、親子を追い詰めていく様をリアルに描く。これから受験を迎える親にとって良い参考書になるはず。
中学受験

【解説】入賞作品に学ぶ読書感想文の書き方 私語りから本選びへ、3つのポイントで悩まない

良い読書感想文の条件。それは、冒頭に「自分の体験」を書くことです。 青少年読書感想文全国コンクール入賞作品を読んで、上手に書くための3つポイントを考えました。これらのポイントを理解しておけば、「何を書けばいいのか分からない」といった悩みは解決するはずです。
タイトルとURLをコピーしました