短歌

寺山修司

【短歌解説】寺山修司 わがシャツを干さん高さの向日葵は明日ひらくべし明日を信ぜん 表現技法 文法

シャツを洗うと、今にも咲きそうなひまわりがあり、「明日」を「信じよう」という意志を表現している。しかし、この歌の表面的な明るいイメージの裏には、暗い現実が貼り付いているのではないか。文法や句切れの解説に加え、音と連作の視点から読み解く。
短歌

寺山修司 海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり 短歌解説

寺山修司の短歌「海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手を広げていたり」の文法や表現技法などを解説。動詞や助動詞の活用、句切れ、倒置法の効果のほか、麦わら帽子を題材にした俳句や歌謡曲にも触れている。
短歌

与謝野晶子「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」表現技法・意味・品詞を解説

トヨタやサントリーのCMに使わた与謝野晶子の短歌「やは肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君」を解説。意味と語句、品詞、文法、表現技法、歌われた情景が分かる。現代に置き換えるなら、不良っぽい女子が、ガリ勉タイプの優等生の男子を小バカにしている場面とすると分かりやすい。
タイトルとURLをコピーしました