太宰治

小説

【まとめ】毒親・アダルトチルドレンが登場する小説5作品『くるまの娘』『少女を埋める』『ブラックボックス』ほか 

毒親・アダルトチルドレンが登場する小説の中から宇佐見りん『くるまの娘』、桜庭一樹『少女を埋める』、砂川文次『ブラックボックス』など5作品を選び、簡単な解説を付けた。親との関係に悩んでいる人、生きづらさを感じている人にすすめたい。
太宰治

【解説】映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』小説家を取り巻く女たちの戦い

戦後の混乱の中、太宰治と妻、2人の愛人との関係を描く。小説家は芸術のために女の利用し、女たちは小説家から何かを手に入れようとした。愛人の妊娠に加え、税金の滞納や肺の病が重なり、太宰は死の方へ追い込まれていく。
国語

太宰治 あまりの侘びしさにペンが動かなくなりうつむいて涙をこぼし 偶然短歌1

太宰治の小説『人間失格』から抜き出した偶然短歌。物書きとして悲哀を詠んだ歌のようだが、涙の理由は故郷にある。短歌を含む小説の一節とそこに込められた心情を解説する。
太宰治

【あらすじ・相関図】徹底解説「走れメロス」(太宰治)勇者を突き動かしたものとは?

太宰治「走れメロス」のまとめ解説。詳しいあらすじを時系列の図に整理したほか、主人公のメロス、竹馬の友・セリヌンティウス、ディオニス王といった主要人物を相関図で示した。さらに読解のポイントや、太宰が参考にしたシラー(シルレル)の詩との違い、時代背景についても解説する。
Python

【書評】『コピペで簡単実行!キテレツおもしろ自然言語処理』文系濃度高めのPython入門 「走れメロス」を分析

『コピペで簡単実行!キテレツおもしろ自然言語処理 PythonとColaboratoryで身につく基礎の基礎』の書評。Pythonプログラミングの解説本だが、太宰治の「走れメロス」内で使われる単語から時系列の感情グラフを作成したり、江戸川乱歩とコナン・ドイルの作品データから“新作”小説を自動生成したり、といった文系濃度高めの内容が特徴。プログラミングによって文学作品の楽しみ方が広がる。
太宰治

【あらすじ・相関図】5分解説『人間失格』なぜしくじった?太宰治の代表作

太宰治『人間失格』のまとめ解説。詳しいあらすじのほか、主人公の大庭葉蔵、友人の堀木、監視役のヒラメ、ツネ子やシヅ子といった主要人物の相関図で人間関係を示した。読解のポイントや知っておきたい時代背景も説明。読書感想文のヒントも紹介する。
太宰治

【解説】九段理江『Schoolgirl』 正義、あるいは美しく生きること

九段理江の小説「Schoolgirl」の解説。親から叩かれ罵倒された記憶を抱えて生きてきた母。社会的、倫理的に「正しい」ことをYoutubeで発信する娘。母は娘を愛しているが、娘は母を軽蔑している。すれ違う二人を太宰治の「女生徒」がつなぐ。
タイトルとURLをコピーしました