俳句

俳句

西東三鬼 おそるべき君等の乳房夏来る 俳句解説

更衣(ころもがえ)の時期になると思い出す西東三鬼の句「おそるべき君等の乳房夏来(きた)る」を解説。三鬼は、夏服の女性に畏敬の念のようなものを感じていたのかもしれない。
俳句

西東三鬼 算術の少年しのび泣けり夏 俳句解説 夏休みと宿題

西東三鬼の句「算術の少年しのび泣けり夏」を解説。夏休みの終わりが近い日の夜、少年が宿題を終わらせようと必死に問題を解くのだが、思うようにはかどらず泣いている。
タイトルとURLをコピーしました